• あなただけのマンション生活
  • あなただけのマンション生活
  • あなただけのマンション生活

main icon生活環境をイメージしてみる

新築マンションを購入する際に、どういったコンセプトで募集されているかや広告の内容、営業マンへの質問等によりどういった入居者が見込まれ、どういった環境となるか、おおよその判断がつきます。契約前に入居後のマンション内でのマナーや設備の利用をイメージでシミュレーションし、暮らしやすい物件を選ぶと良いでしょう。

例えば、マンションには共有部分があります。エントランス、エレベーター、廊下・階段、屋上などがそれに当たります。エントランスは住まいの顔になるわけですから、住人一人ひとりが清潔に保つように心がけたいところです。靴のドロを落としてから玄関に入る、ゴミを拾うなど気を配りましょう。また、エレベーターは子どもが閉じ込められたり、ドアに手をはさまれたりする恐れもあるため注意してください。

駐車場の利用にも、守らなくてはいけないルールがいくつかあります。急発進、急停車、エンジンの空ぶかし、クラクションの鳴らしすぎなどは慎むようにしなくてはいけません。子どもを駐車場で遊ばせるのも危険なのでやめましょう。
また、マンションの駐車場は基本的に契約車輌以外の利用はできません。新築マンションに入居したばかりだと、どれが住人の車なのかの判断もつきにくいかもしれませんが、居住者一人ひとりが自戒することが防犯のためにも役立つことを心得ておいてください。

マンションでトラブルになりやすいのがゴミ問題です。ゴミの分別方法、使えるゴミ袋などは地域のルールに必ず従うようにしましょう。また、ゴミの出し方については各マンションによって取り決めがあるので、それを厳守しなくてはいけません。新築マンションの場合、24時間いつでもゴミを置くことができる専用スペースが設けられていることも多いです。

これらのことをイメージし、暮らしやすい新築マンションを購入しましょう。

▲ページトップへ